BYO Club 掲載店200店超え、完全スマホ対応しました

2016/03/30

Press Release


BYO Club 掲載店200店超え、完全スマホ対応しました

 

オーガニックワイン専門商社マヴィ株式会社(東京都港区赤坂:代表取締役 田村安)が運営するBYO Clubは、WEBサイトを全面リニューアルして、スマホ完全対応に生まれ変わりました。
 
BYO=Bring Your Own (wine)、自分のワインをレストランに持ち込むことです。
 
 
BYO Clubはワインを持ち込める飲食店を紹介するWEBサイトで、現在、全国より200店を超える飲食店が加盟、情報掲載しています。
加盟店では、予約時に申し出るとワインが持ち込めます。
持ち込み料金はかかりますが、これはお店のグラスを使わせてもらう使用料や、料理に合わせて出してもらうための手数料です。
持込条件を、たとえば、グラス1種類ごとに500円とか、ボトル1本につき2000円などと、誰でもわかるように明確に公開しています。
BYO Clubサイトは、今回のリニューアル以来5日間で、すでに約1万ページビュー閲覧されており、ワイン愛好家の関心は高まって来ています。
 
飲食店における提供ワインの掛け率が高く、インターネットの普及で消費者もワイン価格を簡単に知ることができるようになったことで、「店で飲む」より、「家で飲む」消費者が増えていますが、いいワインほど飲食店の美味しい食事と一緒に飲むことでより一層美味しく楽しめるため、ワイン愛好家の欲求不満が昂じていることが背景として挙げられます。
 
一方、飲食店にとっては、BYOを取り入れることで、以下の経営メリットがあり、経営ソリューションとしても意義があります。
 
・ワインの仕入れ&管理費などのコストを削減
・仕入れは0円でも持ち込み料で売上が立つ
・予約率が高まり、計画的な仕込みでコスト削減
・自宅でワインが眠っている質の高いお客様を獲得可能
 
 
 
今回のBYO Clubサイトのスマホ対応化により、
ユーザーの検索利便性が高まり、
ユーザー、加盟店が増加し、BYOの普及が加速するものと期待しています。
 

 

【本件の連絡先】
BYO Club事務局
TEL:03-6826-4310  E-mail:info@byoclub.net 
〒107-0052  東京都港区赤坂2-21-5((マヴィ内)

NO Underage Drinking
未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
マヴィはお酒を楽しむためでも、未成年者にお酒を販売しません。

Wine, Organic, and Peace!
オーガニックなマヴィは、いかなる戦争にも反対です。
戦争は人やその他動植物の命を奪い、環境を破壊します。

copyright © 2014 Mavie All Rights Reserved.