facebooktwitter
Top > 商品 > 生産者 > ピヴァ家

ピヴァ家

Château Pouchaud Larquey

生産者: ピヴァ家
地方: フランス・ボルドー
オーガニック歴: 認証は1984年より




シャトー プショー ラルケ&シャトー デ セニャール ド ポミエは、ボルドーならびにアントル ドゥーメールのアペラシオンに属し、畑は粘土珪土質の土壌の斜面部分ならびに平地にあります。この土壌の深層部は、粘土質のみです。畑は南、あるいは南西に向いており、日当たりに非常に恵まれています。



1世紀にローマ人によってぶどうの木が持ち込まれた土壌に位置し、ボルドーの“高貴な品種”(ボルドーでは、そこで育つ品種をこんな風に呼ぶのです)を育て、ワインを造っています。

昔ながらの「自然の肥料を土に与える」という方法で土作りをしています。ぶどうの発酵ならびにワインの醸造は、ピヴァ家の祖先が伝えてくれた通り、つまり「月の動きにしたがってワインを大切に扱うように」という昔ながらの方法に従っています。



ピヴァ家は、ずっとオーガニック農業を続けてきましたが、1984年公式に認証を取ることに決めました。環境に敬意を払い、お客様全ての健康に留意しています。オーガニックならではの安全性に加え、ボルドーワインには、医学的な長所もあります。少量を消費することで、意気消沈、痛風、貧血症、消化器系の病気、特に血液の循環に対してよく効くそうです。



ずっと昔から、代々ワイン造りに携わってきたピヴァ家は、イタリアのピエモンテから、1924年アントル ドゥ メールの土地に移り住み、小作農家として働き始めました。そして1961年シャトー プショー ラルケを購入し、成功を納め、1989年には歴史的建築物として登録されているシャトー セニャール ド ポミエも購入しました。

新たに購入したシャトーは、11世紀の時代のもので、チャペルや塔、鳩舎などが敷地内に備わっているほか、なんと樹齢800年というレバノン杉が生えています。十字軍の遠征時に兵士が持ち帰った種が、800年の年月を生き延びて今もこのお城を見守っているのです。この木の高さは30メートル、周りも6メートルくらいあり、すごいパワーを秘めています。



それ以降ワイン農家としての経験とノウハウを積み、今日ではコンクールにおいてもっともメダル受賞の多い農家の一つとなりました。
そうなんです。ピヴァさんのワインのボトルには、いつもまぶしいくらい受賞メダルが輝いているんですよ!贈り物にするとインパクトあります。

もちろん、受賞が多くて美味しいだけではなく、心も満たし、皆さまのお食事を幸せの時間に変えるようなパワーを持ったワインです。


さて、ピヴァ家には2つのシャトーがあります。

1つはプショー ラルケ。1代目のリノ&ジネット夫妻が主担当。もう1つがセニャール ド ポミエで、2代目のジャン=リュック&ベアトリス夫妻が主担当。
ただし、今はもうほぼ、ジャン リュックが両方を担当するようになって来ており、その子どもたちがシャトーを手伝っています。

プショー ラルケとセニャール ド ポミエの違いは、畑にあります。

プショー ラルケは丘の上の方、セニャールはそこから車で5分ほど離れたやや下の方にあります。
土壌は、プショー ラルケがカベルネ ソーヴィニョン向きで、セニャールはメルロー向きでサンテミリオンやポムロールに似た傾向があります。
ワインのセパージュ(ぶどう品種)もその違いを反映し、プショー ラルケがソーヴィニョン中心、セニャールがメルロー中心です。

比較すると、プショー ラルケの方が力強く、セニャールの方が柔らかな飲み口になります。



最後に、美味しいワインにつきものなのが、美味しい食べ物。ピヴァ家の2代目ジャン=リュックの奥さん、ベアトリスの料理の腕はプロ並み。いつもお客さんをものすごいごちそうでもてなしてくれます。そのお料理は、特別にジアン社(フランスでは有名な陶器の会社)に注文して、城や庭の様子を描いた手描きのお皿で出されるのですよ〜。自家製のアペリティフもまたとてもスパイシーで甘くて個性的。ピヴァ家ではいつでもお客様を歓迎しているので、ぜひ機会があれば一度訪れてみてほしいものです。

NO Underage Drinking
未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
マヴィはお酒を楽しむためでも、未成年者にお酒を販売しません。

Wine, Organic, and Peace!
オーガニックなマヴィは、いかなる戦争にも反対です。
戦争は人やその他動植物の命を奪い、環境を破壊します。

copyright © 2011 Mavie All Rights Reserved.