facebooktwitter
Top > 商品 > 生産者 > ペルチエ家

ペルチエ家

Château de Premeaux

ペルチエ家
生産者: ペルチエ家
地方: フランス・ブルゴーニュ
オーガニック歴: 白ワイン用のぶどうと白ワイン:1999年から、赤ワイン用のぶどうと赤ワイン:2004年から転換開始(完全にオーガニックになるのは2012年末)


地元で愛されるワイン
ほぼ100%が国内消費の希少なブルゴーニュ生産者



私たちはコンクールには出品しません。
私にとっての一番のメダルはお客様に喜んでもらうことです。

ワインを買うときは、アペラシオンではなく、ワインを味わう喜びのためだけに選んでください。
私たちの仕事は大変ですが、毎朝起きるときたった1つのことが頭に浮かびます。
「私たちは喜びを生み出しているのだ」と。

どうぞおいしい1杯を。ブルゴーニュから心からの挨拶を送ります。

ブルゴーニュのニュイ サン ジョルジュに畑を持つ、シャトー ド プレモー。
ペルチエ家が1920年にシャトーを購入し、以来家族で経営されています。

2010年現在、(思い立って訪れたニューカレドニアで1999年に人生の転機を迎えたという)ちょっとヒッピー風の(長髪の)アルノーさんが5代目です。

ほとんどいつでもどんなときでもワインに関わっているというアルノーさん。
息抜きも「人に会って自分が一番情熱をかけているもの…つまりワインを紹介しながら、知ってもらうこと」

情熱的で、実直で、聡明な若者(2010年現在32歳)。

またしてもマヴィは、将来も楽しみな素晴らしい造り手に出会うことが出来ました。


95%…個人顧客、4%…レストラン、1%…その他近隣実は、プレモーのワインはほぼ地元で消費されています。

95%以上が個人向け。ほとんどがフランス国内の販売で若干ベルギーに売っているのみ。レストランが4%くらいで、ワインショップはリヨンとトゥールーズにそれぞれ1軒ずつ卸しているのみ!

つまり、入手困難。

しかしマヴィのパートナーであるボアソー教授がペルチエ家と古い友人で、オーガニック認証が取れたことをきっかけに紹介してくれたのです。
人の縁に感謝!


■農家としての歴史

シャトーは、1769年に火災にあった古い要塞の石を使って19世紀に建てられたものです。ドメーヌは、20世紀初頭に作られペルチエ家で代々引き継いでいます。

ぶどう栽培ならびに醸造のノウハウは父から息子へとずっと受け継がれてきました。


■やりがい

お客様がワインを飲んで喜んでくれるのを見るのがアルノーさんの喜び。また自分自身が自分のワインを試飲するのも楽しみだそう。

試飲の様子 試飲の様子 試飲の様子
マヴィ訪問時にもたくさん試飲させていただきました。

ただ、それを「喜び」にするには、品質を追求する責任がとても重要。
アルノーさんはご自身にも、一緒に働く仲間にも、求める品質のためには一切妥協をしません。気に入らない仕上がりであれば販売することは出来ません。

目指しているのは、たっぷりとしたふくよかなワイン。
アルノーさんは飲んだときにぶどうの未熟さを感じるワインには我慢できないとのこと。例え発酵段階でも(ワインが仕上がる過程にあっても)、最高に熟した果実であれば未熟さは感じられないと言います。


■オーガニック

アルノーさんの父上アランさんは、1995年にオート コート ド ニュイに当時羊が放牧されていた広大な土地(標高275m)を相続した後、その土地を可能な限りそのまま手を入れずにおこうと決意しました。変える必要のない美しく牧歌的な景色、汚染されていないきれいなワインを飲みたいという思いが、その原動力です。

美しい景色 美しい景色 美しい景色

大地を汚染することにつながらない方法で栽培を行なっている土地、そしてオーガニック農業で作られた製品を消費し、体に良いものを飲んで食べるということを子ども達に伝えていけることは、家族の誇りになっています。

また、慣行農法とオーガニックの違いを聞いたところ、「一般農法は熟すのが遅いがオーガニックはすごくよく熟す」とのこと。同じ時期に収穫しても熟し加減が違うそう。熟すのを待つのは、生産者にとってリスクがあることだから、これは生産者にとても良いこと。


■シャトー

冬の寒さは大変厳しく(最低マイナス20℃)、夏は暑い(35℃まで達します)、プレモーがある人口400人の村は丘の麓にあります。村の出口すぐのところに、見事な森を背後に持つ信じられないほど素晴らしいクロ(畑)があります(クロ ド ラルロー、クロ デ アルジリエール、クロ デ コルヴェ パジェなど)。

畑の広さは13.5ヘクタールで、各ワイン年間数千本のみを生産しています。

畑 畑 畑


■ワイン造り

アルノーさんは言います。
土壌(テロワール)が何よりも大切です。ブルゴーニュにおける私たちがラッキーなのは、地下層がすべて違っているぶどう畑を別々の区画に持っていることです。この違いにより、必ずしも典型的ではない、違いをもったワインが皆さんに提供できるのです。
これは私にとって、とても大切なことです。



こだわりは、畑の中の区画ごとに厳密に分けて醸造すること。

また、畑でも醸造でも最大限可能な限り自然に任せます。
病気の予防にも何か薬を使用するわけではないので、非常に短く剪定し、北側の葉はすべて取り払い、腐敗を防ぎ、完熟度を上げるために摘果を行なうなど、非常にぶどうの樹に手をかけます。こうした作業を行なうため、人手がたくさん必要です。

地質地層がぶつかりあっている場所で、粘土石灰質層
剪定コート ド ニュイはすべて1.2m、オート コート ド ニュイは2.1m
フィルター不使用
清澄行わない
熟成方法・期間木樽で12〜19ヶ月
収穫方法手摘み

ペルチエ家その他のページ【  1 2

NO Underage Drinking
未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
マヴィはお酒を楽しむためでも、未成年者にお酒を販売しません。

Wine, Organic, and Peace!
オーガニックなマヴィは、いかなる戦争にも反対です。
戦争は人やその他動植物の命を奪い、環境を破壊します。

copyright © 2011 Mavie All Rights Reserved.