facebooktwitter
Top > 商品 > 生産者 > ランポン家

ランポン家

André Rampon

ランポン家
生産者: ランポン家
地方: フランス・ボジョレー
オーガニック歴: 1983年から




ボジョレー ヌーヴォーで有名なボジョレー地方(フランス)の、中央よりやや北にレニエと呼ばれる地区があります。
ドメーヌのご主人アンドレ ランポン氏曰く、標高350m、気温が穏やかで、谷間の景色も美しく、旅行者に人気の土地、とのこと。

ドメーヌ アンドレ ランポンの畑はわずか3haの広さ(1ha=100m×100m)。小さい…。
ランポン氏はこの畑を1977年に購入し、1983年からオーガニック農業をしています。彼は5世代続いている農家に生まれ、自身は1970年から農業に携わっています。奥様も必要な時は作業を手伝ってくれるそうです。ランポン家なりの方法で畑を耕し*、お客様を迎え入れたり。。。自分たちの土地にとても愛着を持っているそうです。

*ちなみに、畑は機械ではなく隣人から借りた馬で耕します。使っている器具も、博物館に展示されてしまうような、年季の入ったもの。動力はほとんど人力で、まさに手造りと言えます。

(2014.6.補足)2010年頃からとうとうランポンさん自身で馬を飼い始めました!
名前はカイナ。嬉しくて思わずレニエのラベルにも写真を載せてしまうほどです。


木製のぶどう圧搾機


コルク打栓機


馬に引かせる鋤

今後のオーガニックワインについてどう思うか聞いたところ、“もしも消費者が、オーガニックワインというものが、自然を愛し、自然に敬意を払う人々が造ったものであるということを理解すれば、オーガニックワインの将来は保証されると思う”と答えてくれました。
彼がつくるレニエのような、優しい人柄が表れているコメントです。

ランポンさんからのメッセージ:
私たちは、お客さん全てに一度は畑に来ていただけるように努力しています。実際に畑を見て、造り手と話をすることに、みんな、ワイン以上というくらい喜んでくれます。


彼はぶどう農家ではなく、ぶどう畑に生まれた詩人だ。

だから、彼は自らの演奏を始める前に自然の音楽を聞く、「ぶどうの詩人」あるいは「ぶどう畑のアーティスト」になった。彼は自分について語り、理解してもらう必要がある。

彼のワインによって彼自身が作られ、そのリズムでワイン造りを行うために間違いなく美味なるワインが出来上がるのである。

彼のそれとはずいぶん違うこの世の中で、彼は孤立しているように感じているが、自身の土地と自らが造りだすワインとは完璧にうまくいっている。彼がもっと気持ちよく感じられるようになるためには、彼の知識とノウハウを伝えていく必要があるだろう。道徳的・社会的・金銭的な報いは、当然それについてくるはずだ。

〜果樹栽培農業技術者ジルベール ニケーズ氏

ランポン家その他のページ【  1 2

【ランポン家のワイン】

NO Underage Drinking
未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
マヴィはお酒を楽しむためでも、未成年者にお酒を販売しません。

Wine, Organic, and Peace!
オーガニックなマヴィは、いかなる戦争にも反対です。
戦争は人やその他動植物の命を奪い、環境を破壊します。

copyright © 2011 Mavie All Rights Reserved.